HOMEよくある質問植栽について > 芝生の管理は大変でしょうか?

芝生の管理は大変でしょうか?

 どんな芝生でも、維持管理に必要なことはほぼ共通しています。水やり、肥料やり、芝刈り、目土による補修、草引き、エアレーションです。特に水やりと芝刈りは最も重要です。排水が悪く、いつまでも湿った状態が続くと芝草の根が呼吸をすることができなくなり、病気にかかり、枯れてしまうこともあります。また、乾燥に弱い種類の芝草は絶対に過乾燥な状態にしてはいけません。
 芝張り後の養生期間中は、芝草の種類によらず乾燥状態に陥りやすいので、十分に根付くまでの約1ヶ月間は毎日、芝草の根がジャブジャブな状態に浸るまで十分な量の水を与えてください。芝刈りは秋から早春まで生育の遅かった芝草も、春から夏の終わりにかけて旺盛に生長します。きれいな芝面を維持するためには、時には週に2〜3回の芝刈り作業が必要になります。これを放置した場合、「軸刈り」になってしまい、翠の芝生を復活することが大変難しくなるほか、成長点の位置が高くなるため、低い刈り高で刈ってしまうと芝生が枯れてしまうこともあります。
 芝生の管理にどれだけ労力と時間を費やせるかをよくお考えください。

関連の記事を見る