テラス

2018年01月18日


  こんにちは 万谷です。

 今日は大阪は気持ちいい天気です。

 もう1月の中旬。日が経つの早い・・

 さすがにお正月気分はすっかりなくなりましたが、

 12月のせわしい感じがまだ続いている感じです。

 早く春になってほしいですが、

 時間に追われず、しっかりと過ごしたいものです。


 さて、今日はテラス屋根をご紹介したいと思います。

 テラス屋根。エクステリア業界では「テラス」と言います。

 「テラス」というと お庭のお茶ができたり、のんびりできる空間や

 カフェなどの見晴らしのいい場所だったり、そういうイメージですよね。

 でもそういった場所のことではないのです。

 そんなテラスですが、こういったものがあります。

main1
 わかりますか?

 建物との間。空いています。

 だいたいの場合、建物にくっついていますが、空いています。

 取り付けるのに外壁に穴を空けたりするのが気になる方もいらっしゃいます。

 確かにピタッとくっついている方が雨の時はいいですよね。

 でも考えると外壁が心配なら全然こちらがいいと思いました。

 雨のとき、ちょーっと濡れるかな くらいだと思います。

 それでカタログを見ていくと

 サイクルポートにも

 それから大型テラスも

vari01b1
 それからカーポートにも。
vari01c

 そうですね。

 カーポートは独立して建っていますものね。

 「テラス」とか「サイクルポート」、「カーポート」と分けられていて

 サイズの違いや、それぞれに特徴があると思いますが、

 施工場所などの条件や用途などによって、どの商品にするかはいろいろと選択できます。

 それぞれの条件、希望によって弊社プランナーがご提案いたしますので、

 お気軽にご相談ください。

 お待ちしております。


 
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る