HOMEショップブログ塚本 千代 > 秋の寄せ植えたち!

秋の寄せ植えたち!

2017年11月06日

IMGP0333
先週入荷の多肉たち。
最近は、アドロミスクスとコチレドンが気になります…


こんばんは、塚本です。

先週は花苗がいろいろ入ったので寄せ植えの創作意欲が刺激されます!
シーズンごとの、お客様の寄せ植えの入れ替えも
楽しく植えられます。


IMGP0346
ダルマ菊を主役に、野山に群れ咲く小花のイメージ。
ラベンダーとヘパリウムで縦のラインを出します
IMGP0345
よく咲くスミレのカシスをメインに、こってりした寄せ植えにしようと
思っていたら作っているうちに軽やかに…
左下には今週仕入れた斑入りのスキミアを入れてみました!
IMGP03472
長ーく楽しめる蕾が人気のスキミアの斑入り品種、
マジックマルローです!
ちょいいいお値段ですけどそれでもやっぱり素敵ですねえ…

スキミアは日本のミヤマシキミの改良品種です。
山歩きに行くと原種のミヤマシキミはけっこうあちこちに生えてます


しかし!最近思うのですがシキミとミヤマシキミが
いろんなところで混同され過ぎです。
結構園芸店でも混乱している所が多いですね…

最近はやりの蕾の可愛いあのスキミアは
ミヤマシキミ。
シキミの改良品種です、と書かれているのをちょいちょい見かけますが、
シキミとミヤマシキミはは全然別の木ですよ~
まあややこしい名前を付けた人が悪いのでしょうか…?

シキミはマツブサ科の常緑高木、ミヤマシキミはミカン科の
常緑低木で、花も大きさも全然違います。
シキミもたまに山に生えてます。
でも野生の花が咲いてるのを見る確率はミヤマシキミより
ずっと少ないです・・・
タイミングにもよるんでしょうが私は2回しか見たことないです
仏前に供えたり仏事に使われることが多いので、
お寺とかにはよく植えられてます

スキミアは混同され過ぎた結果「シキミア」とか
和名と学名がドッキングしてしまった呼称でも流通しているようです
名前はともあれ過湿に気を付け
半日陰で育てれば元気に育つ魅力的な植物です





IMGP0334
素焼きプランターには花畑風に…
カルーナ・ノーザンライトはボリューム程良く、揺らめく枝ぶりが
寄せ植えにぴったりです。
IMGP0335
3連休にご来店されたお客様たちに1番人気だったのは
ふわふわピンクの花畑プランター。


IMGP0341
去年に引き続き今年も個人的に大プッシュしたいビオラ、
わらくのアンティークブラウン。

苗が充実するこの時期に、
引き続きたくさん寄せ植え作りたいです


一方クレマチスも冬仕様。
冬咲きクレマチス入荷してます


IMGP0315
原種のシルホサ。
小ぶりなベル咲きの花がかわいらしいです
普通のクレマチスと生育期が逆なので、
晩秋から開花、夏に休眠します
IMGP0318
常緑冬咲きクレマチスのアンスンエンシスも
つぼみがだいぶ膨らんできました!
でも蕾の期間が長いので、開花はまだまだ先です
こちらはオカモトガーデン育ちなので
非常にワイルドな誘引になっております。
年中葉があるのでおすすめ!


それでは今週はこの辺で…また来週。
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る