HOMEショップブログ塚本 千代 > そろそろクレマチスも・・・

そろそろクレマチスも・・・

2017年02月20日

IMGP9318
こんばんは、塚本です。

オカモトガーデンのログハウス横、ユウゼンケヤキの
足元に、今年もクリスマスローズが咲き出しました
夏は木の葉が茂っているので日陰ですが、
晩秋から春はよく日が当たります
1年中半日陰の場所でも咲くには咲きますが、
クリスマスローズにはやっぱりこういう
落葉樹の下が1番ですね!
花付きもいいし陽の光に透ける
花びらが美しいです

ほかにも何箇所か植わってますが、
まだつぼみの状態です


さて2月も中盤を過ぎると
やっとクレマチス苗が売れ始めますね~
中輪新枝咲きの
人気の3品種、
入荷してますよ。
IMGP9303
単体はもちろんのことバラと絡めるにも最適な、
鉄板のブルー系品種たち。
ヴィチセラ系プリンスチャールズ、
半つるのインテグリフォリア系からはアラベラと
アフロディーテ・エレガフミナ。
どれも完売必至です!

新枝咲きなので、冬は地上部の枝は全部枯れてしまいます。
剪定は1節残して切り詰めます

IMG_3673
こんな感じで・・・

でも株元にはちゃんと新しい芽が覗いています!
IMG_3675
こうやって独立した芽が出るので、
新枝咲き品種は株分けできるのです。
株分けも今の時期が適期です!
でも私は今年はやりません、ちょっと大変なので・・・


新枝咲きはバッサリ切ってしまうので
冬のお手入れは楽なもんですね~
もちろん、新旧枝咲き、旧枝咲き品種も
剪定・誘引済みです!
3月でもいいですが、芽を傷めず且つ膨らみも確認できるので
今の時期が1番適期かと思います


IMG_3672
旧枝咲き、新旧枝咲きともに
太ったいい芽の上で剪定します
モンタナ系は、今の時期はちょっと芽が確認しづらいときがあるので
3月にもっと芽が膨らんでからがやりやすい感じです

枝が太くオベリスクなどに合わせて誘引しにくい時は
節と節の間をぽきぽき折りながら誘引します
茶色い表皮だけなら折っても全然構いません
中の生きている緑の部分はしなやかでよく曲がります
でも勢い余って折り曲げないように・・・
あと節で折るとほんとに折れます。
節間で折りましょう
IMG_3671
モンタナ系の大鉢、元気なのはいいですが
すごい枝数で誘引が大変でした
枝同士が重ならないように、できるだけ交差も少なく・・・

地植えでもっと広々したところに誘引すると楽なんですけどね。
鉢にコンパクトに収めておくと
夏に半日陰に移動できるというメリットがあります。
大阪はモンタナには暑いですから・・・
根詰まりしないように、結構な大きさまで
鉢増ししないといけないですが・・・

冬の誘引は大変ですが、旧枝から直接花首が伸びるので、
開花まで全く誘引しないでいいのは嬉しいところ
オベリスクや行灯の、1番上まで誘引します
ぎゃくに新枝咲きは、冬は楽ですが
かなり伸びてから咲くので春からの誘引は大変です・・・
まあオベリスクじゃなくてアーチやフェンスにワイルドに
咲かせるなら最低限の誘引でいいんですが。

いっぽう新旧枝咲きは旧枝咲きと剪定は同じですが、
前年の枝から5~6節伸びてから咲くので、
1番上には伸びしろを残しておきます
IMG_3676
もうちょっと上まで巻いてもいいですが。

あとは植え替えと、地植えなら寒肥もやっておきます
ちょっと寒さも緩んで、外でのこまごました作業もやりやすいですね~


宿根草もぞくぞく入荷中ですよ~

IMG_3661
ふわふわの銀葉の矮性ジキタリス、デュービア

IMG_3662
華やかなタワー咲きのオダマキいろいろ・・・
レクレチャムゴールドは、黄色の斑入り品種です。
今から植えれば初夏には大株になって立派に咲きます


最後に、最近お客様の鳥かごハンギングに植えた寄植えを・・・
IMGP9317
奥のルピナス、ピクシーは
小輪ですが一般種のルピナスより次々と花が上がります
手前は、プリムラ“プリカント”
シックでかわいいオプコニカです

まだまだ、定番から一癖ある宿根草たちまで入荷しますよ~!
それでは今週はこのへんで・・・また来週。
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る