春の花

2018年03月05日

IMGP0676
こんばんは、塚本です。

ここ数日でぐっと気温が上がり、
春が来るのが遅めのオカモトガーデンでも
春らしい光景が見られるようになって来ました

ユウゼンケヤキの足元からむっくりとつぼみを
伸ばすクリスマスローズ。
満開の姿はもちろん綺麗ですが、
つぼみが開く前のこの勢いよく伸びてくるときが
きらきらした期待感に満ちていて美しい光景に感じます

そしてこういう光景は宿根草ならではですよね!
土から太い芽が伸びだす春の芽吹きが好きだから
宿根草が好きなのかもしれません。


満開前が綺麗な花は他にも・・・

IMGP0662
先週から引き続きラケナリア・アロイデス。
満開直前のこの時期が1番コントラストが効いて
美しいのです

開くにつれて赤みが消えて黄色くなっていくんですよね~
IMGP0685
まあこれはこれで可愛いんですけど。

植え替えるときに株分けせずに群生させても
見事ですけど、5球くらいずつ分けて植えて
こうやって小鉢でじっくり楽しむのも良いですね~
IMGP0686
この子も南アフリカから、
オーニソガラム・コーダツム。
球根の側面からぽこぽこ子株を吹き出す珍妙な
増え方で、コモチランの愛称でも親しまれています。
ランではないですが。

今朝見たらつぼみがあがっていました・・・
店に来てから3年越しくらいではないでしょうか
最初1年以上は変なたまねぎ扱いで
隅っこにうっちゃられていましたから・・・
植え替えられた途端にむくむく
太りだし1,5倍くらいの直径になりました

ドリミオプシス他南アフリカの夏型球根は
冬の間断水してありましたが、
ぼちぼちあったかくなってきたので
植え替え・分球して水やり開始しました~
まだ屋内ですけどね。

外では変り種ムスカリやら原種チューリップが芽を出しています
小球根栽培は楽しいですね~


クレマチスも、早咲き品種はつぼみが膨らんできています!


IMGP0677
人気の常緑種、アーマンディー。
基本種は白花ですが、これはほんのりピンクの花が咲く
アップルブロッサムです。
本当に、ほーんのりですが
開き始めがピンクで、咲ききったらほぼ白です。

たくさん咲いたら香りもあり、
生育旺盛な強健種なので毎年完売する人気者です。

ただ旧枝咲きなので、生育旺盛過ぎて
枝を切る→花芽も切ってしまって咲かない
ということに陥りやすい品種でもあるので
よく伸びてもいいスペースに植えるのがオススメです
IMGP0669
こちらも早咲き常緑クレマチスなのですが
打って変わってコンパクト。
フォステリー系のカートマニージョー、開花1番乗りです

自力で絡まないので
支柱に誘引してもいいですが、
垂らして咲かせて
ハンギング仕立ても楽しめます。
IMGP0670
つぼみいっぱいあがってきてますね~
暖地なら地植でも育ちますが、鉢植えにして
霜の当たらないところで冬越ししたほうが花数は多いようです

アーマンディーもフォステリー系も
白い小花の原種系なので
大輪系の華やかさはないですが、たくさん咲いた姿は
野趣のある春らしさがあってオススメです。



山野草の苗もあれこれいろいろ入荷しました!
IMGP0681
ホタルブクロやユキモチソウなど、
毎年人気のメンツや、新顔もいくつか。
IMGP0682
バイモユリは、もうつぼみがあがってます
クリーム色地に網目模様が入った
美しい花が咲きます

暑さが苦手なので夏越しには注意が必要です
鉢ごと半日陰に移すか、地植なら球根を掘り上げたほうが無難です
IMGP06831
生産者さん一押しはセンノウゲ。
最近まで流通が非常に少なく高価な花でしたが
やっと出回るようになってきたそうです
私の一押しはフタバアオイです
美しい葉はもちろん、控えめーな花も
一見の価値ありですよ!

それでは今週はこの辺で・・・

また来週。
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る