HOMEショップブログ塚本 千代 > 梅雨はおうちで多肉&エアプランツ♪

梅雨はおうちで多肉&エアプランツ♪

2020年06月19日

IMG_0925
花壇の斑入りオレガノがとてもきれいに
もこもこしてきました。
斑が抜けて緑になっっている枝は元から切り取ります。



こんばんは、塚本です。

ジメジメ梅雨らしいお天気が続きますね~
自粛が解除されてもこんな雨では外に出るのも
億劫です。


一方の植物たちは加湿に弱いものは別として、
雨や湿度で生き生きと輝いているように見えます…

特にティランジアたちは空中の湿度が高ければ高いほど
元気ですね~

今週もちょこちょこと入荷がありました。


IMG_0913
左に見えているのが、押しも押されぬ
人気品種の大型種、キセログラフィカ。

葉が短くくるんと丸まるのが一般的ですが、
こちらは葉先がくるくると長く伸びるタイプです。

昨年温室では大株の花が咲いていました。
画像が見当たらないのが残念ですが…

ごろんと転がしておくだけでも目を惹くインパクトです。

IMG_0928
他にも、フンキアナなどきれいな株がいろいろ。

湿度が高い季節とはいえ、週に1~2度はたっぷり霧吹きすれば
生き生きと育ちます。
IMG_0917
転がしておいても良いですが、
空中に吊るせば風通しも良くなります。
IMG_09151
葉が緑の種類の方が水が好きな傾向があるので
水切れさせないように、
忘れず水やりしましょう♪


新入り多肉もあれこれ入ってまいりました。
夏の休眠期に入る前、ぷくつやで元気がいいメセンたち。
83191348_1133541467031916_6483968354458712873_n1
フェネストラリアの群玉。

ベビートゥの名前で入荷されてきました。
赤ちゃんの指っぽいといえばそうなんでしょうか。

まだ見たことはないですが、白い花が咲くのだそうで。
c73a093669cc6ea9d20905f1c4944425
赤ちゃんの次は、こちら迫力の大型メセン。
プレイオスピロス・ネリー、またの名を帝玉です。

その名前にふさわしい重厚感あふれる佇まいですね~

下は店にだいぶ前からいる紫色ver.の紫帝玉。
IMG_0924
帝玉には、ワレタマゴという名前が付いて売られていました…
生産者さんは自由な名前を付けますね…

お次のユーフォルビアにも「ハリネズミ」
という愛称があるのだとか。
IMG_0912
ラベル可愛い・・・ですが、本名は紅彩ロリカ
紅彩閣とロリカータの交配種だそうです。

以前は流通量が少なかったのですが、
最近はだいぶ出回るようになってきて
お求めやすい価格になりました~
鋭い赤い棘がかっこいいです!
IMG_0910
「カナリアの止まり木」の名前で売られているのはこちら、
ユーフォルビア・ネリーフォリアの綴化株。

ここまでくると、もはや何でそんな愛称なのかも
ちょっとよくわかりません。


綴化とは本来点である生長点が帯状になっていることで、
元の基本種は下のようにまっすぐです。


IMG_0923
水切れで葉は落ちてますが…
他のユーフォルビアの台木に使われるくらい丈夫な種類です。


そして、今シーズン初入荷のアデニウム・アラビカムたち!

どっしり程よいサイズ感のきれいな株です。
IMG_0908
この時期は、屋外で雨ざらしで育てていても意外と大丈夫なくらい
丈夫なので、コーデックスの入門種として人気が高いのも
うなずけますね!

もちろん寒くなってきたら雨に当てないようにして、
冬前には屋内に取り込みます。

華やかな濃いピンクの花が咲くのも
楽しみの一つです♪
お気に入りの一株を見つけに来てくださいね~



お問い合わせはこちら
関連の記事を見る