HOMEショップブログ塚本 千代 > ハーブを生活の中で楽しもう!

ハーブを生活の中で楽しもう!

2020年06月12日

こんばんは、塚本です。


6月に入り、バラや春の花もひと段落。
ハーブの収穫がひと段落する時期でもあります。

先月はコロナウイルスのあおりで講習会なども
できなかったので、ちょっと遅めですが
春のハーブの楽しみ方をちょこっとご紹介♪

もちろん今から苗を植えても大丈夫なものもありますよ。


ハーブのある生活にあこがれて
買ってみたはいいものの、どう育ててどう使えばいいの??
という声をお客様から聞くことが多いです。

でも気軽な使い方を覚えれば
簡単に生活に彩を添えることができますよ♪

IMG_20200519_134105
春の人気ハーブと言えばカモミール。

1年草のジャーマン種と多年草のローマン種がありますが、
ハーブティーに主によく使われるのは
背が高くなるジャーマン種です。

3寸ポットをひと株秋に植えれば、
5月にはこんなにたくさん花が咲きます。


画像のように花弁が反り返ってきたら
収穫どきです。
ハーブティーには花を使うので花だけ摘んでいきますが、
茎ごと刈り取ってドライにしてから花を集めても。

日陰の風通しのいいところに1週間ほど干して、
しっかり水分を飛ばします。
IMG_20200604_072824
吊るしている間もリンゴのような
甘い香りが周囲に漂い、幸せな気分に♪

乾燥したらガラス瓶などの
密閉容器に入れて保存します。

普通にお湯で蒸らしてハーブティーにしてもいいですが、
おすすめは牛乳で煮出したカモミールミルク、通称カモミルク!

牛乳にカモミールを入れ、沸騰しないように3分ほど煮てから
茶こしで越せば出来上がり。
お好みではちみつを加えても。


こぼれ種で増えるので、全部収穫せず来年のために
少し花を残しておくと良いですよ。



お次はちょっとマイナーなハーブ。
最近はやっと出回るようにはなってきましたが、
サラダバーネットというバラ科の宿根草です。
IMG_0889
最初の苗はこんな感じですが…
IMG_20200608_161207
環境が合えば植えて1年でこんなに大きくなります。

大きく成長した葉を茎からしごいて、
名前の通り葉っぱをサラダやスープに散らして使います。

少しピリッとしたキュウリのような風味がしますよ。


吾亦紅のような花は、ドライにしてクラフトなどに使います。

IMG_08991
地味めですがナチュラルな空間に溶け込み使いやすいです。


そして、6月はフェンネルやパクチー、ディルやパセリなどの
セリ科ハーブの花がどんどん咲く時期なので
せっせと利用しましょう♪

IMG_0891
上はコリアンダー、またの名をパクチーの花。
イメージに似合わず?繊細で可愛い花です。

葉はもちろん料理に使いますが、花も食べられます。
ばらしてサラダに散らせば季節感が出て見た目にも
楽しい一皿になります。


セリ科に限らずハーブの花は食べられるものが多いです。
(サラダバーネットは食べないですが…)
定番はルッコラやマスタードリーフ。
IMG_20200313_062851
ディルをたっぷり混ぜて焼いたオムレツに
ハーブサラダを添えた春の一皿。

上に添えてあるのがディルの葉です。


全部食べられる花でブーケを作ってプレゼントするのも
楽しいですよ♪
「飾りながら食べてね~」なんて言うのもおしゃれです。
種をつけると株が枯れてしまうので、花を摘むことによって
収穫時期が伸びます。


でもフェンネルやディルは種もスパイスとして使うと
とても美味しいので、どちらを取るかが悩みどころです…
IMG_20200611_220311
こちらがディルの種。

肉や魚料理に合うんですよ~
もちろん来年の種まき用にちょっと取っておきますが。


今回ご紹介したのはほんの一部なので、また写真を
撮りためたらハーブの使い方ご紹介したいと思います!


店でもいろいろハーブ苗売ってますので
使い方・育て方のご質問があれば
お気軽に声をおかけくださいね~
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る