HOMEショップブログ塚本 千代 > オージー花木と、山野草たち。

オージー花木と、山野草たち。

2020年05月14日

IMG_0675
こんばんは、塚本です。

こんなにいい気候の、1番のガーデニングシーズンに
ショップは休業中でお客様には大変ご迷惑をおかけしております…
そんな中でも木々は続々と芽吹き
花はどんどん咲いております


入り口横の花壇では、オーストラリア原産の常緑低木、
ヒポカリマが可憐な小花を咲かせています。
関西以西の暖地では地植えもできる
おすすめ花木ですが、完売してしまったので
またの入荷をお待ちください~

バックに見えるのはセントーレア、
ユーフォルビア、ギリアなどなど。
IMG_0750
IMG_0751
IMG_0710
ロビニア・カスケルージュの紅色の花も満開です。
ニセアカシアの名のほうが有名な基本種は白い花ですが、
こちらの花色は開く前から非常に華やかです
こちらは、オージーではなくアメリカ原産ですが。



そしてその枝垂れる花の下には、これまた濃ピンクの
イソポゴンの火花のような花が咲いています。


IMG_0711
ぱっと見でもオージーっぽい葉っぱですね!
蕾もよく上がっています。
IMG_0705
キサントステモンにも個性的な花が咲きだしました。

まだ小苗ですが、結構大きな木に育ちます。



春の山野草たちも、日本原産・海外原産問わず
次々咲いています。
IMG_0663
純白のアネモネ・シルベストリスは
宿根性で毎年しっかり咲いてくれる丈夫さが嬉しいところ。

春の開花がメインですが、夏から秋にかけても
ぱらぱらと返り咲きします。
IMG_07001
ドデカテオン・シューティングスターの
個性的な花もちょうど見頃です。

遠目に見るとシクラメンのようなフォルムですが、
蕾の付き方はサクラソウらしいですね。
アメリカ原産のサクラソウ科の宿根草です。

夏を過ぎると葉が枯れ、生育期間が短いので
葉のあるうちに来年に向けて株を充実させておきます。
IMG_0702
日本サクラソウも咲いてきましたよ~
いろいろな改良が為され、たくさんの品種があるのですが、
この株は毎年見ごたえのある花を咲かせてくれています。


IMG_0703
タツナミソウ

こじんまりと小鉢に植えて愛でてもいいし、
半日陰くらいの場所でグラウンドカバーに植えても
丈夫でよく咲く可愛い山野草です。
IMG_06701
日本オダマキは、青花と白花が揃って
透明感のある花を咲かせています。

オダマキ類は宿根草ですが、
一株の寿命はあまり長くないので5年もすると
勢いが落ちてきます。

こぼれ種からでも簡単に発芽するので、
種から株の更新をしておくとずっと楽しむことができます。

IMG_0697
オダマキでも北米やヨーロッパ原産の西洋オダマキは
たくさんの改良品種が作られています。

去年の株もたくさん花が上がってきました。
まるで燃えるランタンのようです。



今週末からはやっとショップも再開いたします。
オカモトガーデンではバラの開花は今からなので
ぜひ見にいらしてくださいね~
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る