HOMEショップブログ塚本 千代 > 定番からマニアックまで…ハーブフェア開催中。

定番からマニアックまで…ハーブフェア開催中。

2020年04月09日

こんばんは、塚本です。

春うらら、晴天にも恵まれ
ショップへ続く道にも
桜が咲き誇っています。

ぽかぽか陽気で花でも植えたくなる気分ですね!

先週から、オカモトガーデンでは
春のハーブフェアを開催中です。
IMG_05081
植えておいたら何かと便利な定番ハーブから、
本で見て憧れているけど売っているのを
見たことがない…どこで売ってるの??
みたいなマニアックハーブまで幅広く集めました。

ただ種類によっては1~3ポットしかありませんので
人気のあるものからどんどんなくなっています・・・

入荷ハーブの一例をご紹介。
アンゼリカ、オイスターリーフ、コストマリー
コンフリー、スイートバイオレット、フレンチタラゴン、
フローレンスフェンネル、ホースラディッシュ、

セージでは
エルサレムセージ、クレベラントセージ、
カナリーセージ、セージ・サギッタタ、
などなど・・・



有名でも意外と売っていないのは
フレンチタラゴンでしょうか。
IMG_05092
右の細い葉の方がフレンチタラゴン。
よくフランス料理で使われている、
優しい独特の風味のハーブです。

左はアンゼリカ、製菓材料として
緑色のきらきらした砂糖漬けになっているのを
見たことがある方も多いのではないでしょうか?
なかなか苗を見る機会は少ないと思います



IMG_0510
紫の可愛い花をつけているのはニオイスミレ。
スイートバイオレットとも呼ばれます。
実際嗅いでみると、甘ーい良い香りがしています!

よく店頭で見かける
コロコロしたブルーの八重咲の「ニオイスミレ」と
書かれて売られているのは、
実はパルマスミレと言ってニオイスミレとは
別種なんです。
香水の原料にしたり、花を砂糖漬けにしたりする
実際のニオイスミレは上の写真です
IMG_05131
ハーブフェアで1番人気はミントです!
いろんなフレーバーのミントを揃えておりますよ~

定番のスペアミントや、イングリッシュミントなどは
癖のないすっきりした香りですが、
バナナミント、ストロベリーミント、オレンジミントなど
果物を思わせるフルーティーな香りのもの、
タイミントやベリー&クリームなどなど個性派まで。

ハーブティーやデザートのトッピング、
たくさん刈り込んだらハーブバス、
などなど使い道が非常に広いのが魅力ですね。

がっつり使うのはハードル高いわという人は
普段飲んでいる紅茶に数枚葉っぱを入れるだけで
香りのよいフレーバーティーになるのでお勧めです!


地植えしたらガンガン広がり過ぎてしまうので鉢栽培か、
鉢ごと植えて外に出ようとしていたら切る、
というのが管理しやすいです
IMG_05111
今回充実しているのはセンテッドゼラニウム。
ハーブゼラニウムと呼ばれる、葉に芳しい香りを持つ
ぺラルゴニウム達です。
(ゼラニウムの学名、つまり本名はぺラルゴニウムです)

ココナッツゼラニウムやチョコレートミントゼラニウムなど
それぞれの香りにちなんだ名前が付けられていますので、
名前を見たら思わず葉に触って香りを確かめたくなりますね~

以下、今回入荷の品種一覧です。

アーモンド、アプリコット、ココナッツ、チョコミント、
ペパーミント、ストロベリーレモン、ヘーゼルナッツ、
スイートミモザ、サザンウッド、スワールベルグ、
ファンリーフ、グレープリーフ、リビフォリウム、
雪嶺、ミセステイラー、レディマリー


樹形を整えるために剪定するたび、
良い香りに癒されること間違いなしです。

剪定枝がたくさんできたら香りのミニブーケを作って
玄関に飾ったり、葉っぱを集めて子袋に詰め、
手作りサシェにして楽しむのも良いですよ。

切り枝は花瓶に差すと日持ちがするので、
生花店でも時々売っていますね。


花壇苗として売られているゼラニウムに比べ花は小さいですが、
品種ごとに花の色も形も個性豊かなのも魅力の1つ。

大株になって満開に咲くと
それは素敵です。




IMG_0512
ちょっと珍しい原種ぺラルゴニウムも紛れていたりします・・・


画面だけではわからない、ハーブたちの香りを実際に楽しみに来てくださいね~
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る