HOMEショップブログ塚本 千代 > 新入り続々…南半球の植物たち

新入り続々…南半球の植物たち

2020年03月23日

IMG_03461
こんばんは、塚本です。

先週はお天気が悪い日も多かったので、
その間に店内各所に設置する案内板やらを
廃材や伐採した木を使ってせっせと製作しておりました。

ぶっつけで手書きなのでアバウトなデザインですが、
それはそれで味があるということで…


リューカデンドロンやグレビレアなど、
南半球のネイティブプランツ売り場のアクセントに。

写真中央はリューカデンドロンの
インカゴールド。
Leucadendron 'Inca Gold'

日の光に苞葉が黄金色に輝いています。


IMG_03833
大きくて美しい樹形の株が入りました。
優雅なラインですね~
IMG_03403
リューカデンドロンは生花で出回るだけあり、
花持ちがいいので切り花にもおすすめです。
IMG_0382
こちらはリューカデンドロン、ハーベスト。
Leucadendron ’Harvest'

小さい株はたまに売っていますが、こんなに立派なサイズは
なかなかお目にかかれません。
IMG_0309
苞葉の色も濃く、実に美しい株です。



さらに濃い深紅の苞葉で人目を惹いているのは、
ネイティブプランツの華、キングプロテアのリトルプリンス。
Protea cynaroides 'Little Prince'
IMG_02051
1日1日、花が開いていくごとに劇的に表情が
変わっていくのに圧倒されます。
IMG_0343
ドライにするなら開く前に切ったほうがいいですが、
やっぱり満開まで見ていたいところです。
IMG_0362
一方、控えめな花でもたくさん咲くと
見ごたえのあるもので、
グレビレアのルテアは
クリーム色の花をたくさん咲かせています。
Grevillea Lutea
IMG_0328
こちらは可愛らしいフロックスのような花!
南アフリカ原産のアクマデニアです。
Acmadenia obtusata

すごく一般的でない響きの名前ですね…
ブッシュ状にこんもり成長する常緑低木です。


IMG_04011
最後はオーストラリア原産の青い花…
ダンピエラ・ダンシングブルー
dampiera teres
IMG_0434
寄せ植えに入れてもふわっとした枝の動きとシルバーリーフが
アクセントになってくれます。

オージープランツの例に漏れず高温多湿は苦手なので、
梅雨時期は軒下で雨がかからないように育てます。

環境が合えば機嫌よく育ち、
株元からたくさん新芽が出てきて
株立ち状になります。
枝が暴れがちなので、花が咲き終わったら長い枝は
ばっさり剪定しておくといいです。


4月にも、いろいろネイティブプランツの
入荷はありますのでまたご紹介したいと思います~
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る