HOMEショップブログ塚本 千代 > 春の可憐な山野草。

春の可憐な山野草。

2020年03月14日


IMG_0338
こんばんは、塚本です。

強い寒の戻りも来なくなり、すっかり
春めいてまいりました…

雪割草やら姫リュウキンカやら、
店の片隅で眠っていた山野草たちも
目覚めて咲き始めました。


IMG_0315
もちろん新入荷の山野草たちも
並んでいます。

サンカヨウ、タツタソウ、レンゲショウマなど、
一度は育ててみたい憧れの山野草たち。
他にもコマクサ「丹頂」、ツバメオモトなどなど。

個人的には、花もきれいで山菜としても食べられる
ソバナがおすすめ!

どれも落葉性宿根草なので、まだ地上部はありませんが
生育を始める今が植え時ですよ。


一方今が旬なのは春の風物詩、
可憐なスミレたち。
IMG_03081
イシガキヤクシマスミレ。


色とりどり、いろんな日本スミレ入荷しております~


IMG_0319
「明神」の名前で入荷しましたが
明神にしては花の芯が白いかも?
他の花と交雑しているのかもしれませんが
ともあれ深い紫色が魅力的な株です。


IMG_02461
切れ込みの深い葉も素敵な
肥後スミレも人気品種です。
花茎が長めなので、大株になると
非常にボリューミーですよ。


他にも、紅花ナンザンや紅花ヒラツカなど
複葉のスミレはやっぱり涼やかで魅力的です

IMG_0248

IMG_02501

IMG_0252
この紅花ハリマはちょっと色薄めですが…
優しい色合いが春らしいですね~

IMG_0320
錦スミレは、葉に美しい斑入りの交配種。
春の出だしが1番くっきりと斑が入り、
夏になるにつれ薄れて緑っぽくなっていきます。
IMG_0317
最後に、これはもう定番ですが
ビオラ ラブラドリカ。
北アメリカのスミレの黒葉選抜種です。

丈夫でよく増えるのでグラウンドカバーにもなります
花と葉色の組み合わせがおしゃれで、
花のない時でも人気です。
夏は少し緑がかってくるので、
寒い時期が1番葉色が深くてきれいです


スミレは何年も育てていると勢いが落ちてくるので、
種で新しい株を更新していきます


種を採って蒔かなくても、こぼれ種から芽を出しては毎年春の訪れを
知らせてくれるようになりますよ。

3月、庭のあちこちにスミレの花が咲いているのは
本当に心癒されるものです・・・
是非いろんな品種を集めてみてください♪






お問い合わせはこちら
関連の記事を見る