HOMEショップブログ塚本 千代 > 多肉・観葉いろいろ入荷・・・

多肉・観葉いろいろ入荷・・・

2020年01月27日

IMG_0126
原種系スイセン、モノフィラスが咲きだしました。
Narcissus cantabricus var.monophyllus

こんばんは、塚本です。


今年の暖冬のせいで、夏場の花がまだあちこちで
咲いているようですね!
過ごしやすいので改装作業も快調です。

最近は連日什器を製作したり、
展示会などで仕入れをしたりと
休業中も大忙しです。


新顔の観葉も色々入荷してきました!
大鉢から小鉢まで、ハンギングタイプも、
多肉もエアープランツも…
個性豊かな面々です。
IMG_0103
左の大鉢は初入荷のピタンガ。
Eugenia uniflora
ビタミンCが豊富に含まれることで知られる熱帯果樹です。

この葉や幹の感じ、ジャボチカバに似ているな~と思ったら
同じフトモモ科の果樹なんですね。
ふわふわした白い花もよく似ています。

同じく耐寒性もそこそこあり、
こぼれ種でも増える繫殖力の強さも一緒だそうで。

これは家庭でも育てやすい熱帯果樹として
期待できそうです!


中央にあるのは一押しのペペロミア、ペッパーミル。
IMG_0105
ペペロミアの品種は数あれど、
この絶妙な加減の渋さ、おしゃれさ
1度育てる価値ありです。

他のペペロミアと同じく、
冬季の水のやりすぎ注意です。
土がしっかり乾いてから。


そしてその右にあるのがヘテロパナックス。
Heteropanax fregrans

持ち上がった根を鑑賞する、
ガジュマル的な楽しみ方の観葉植物です。



IMG_0108
一株ごとに根の形が違うので、
形のいいのを選ってきました!

日当たりは好きですが、真夏の直射は葉焼けするので
軽く遮光します。


それから人気の枝垂れる系グリーンも・・・
IMG_0112
森林性サボテン、エピフィラムの中でも
1番人気のアングリガー。
Epiphyllum anguliger
フィッシュボーンカクタスの異名通り、
ジグザグの奇妙な葉が長ーく枝垂れます。

赤みがかった新芽がにょきにょき出ている生きのよい株です♪
クジャクサボテンの仲間なので、
花もとても素敵なのが咲くのです…楽しみ。


お次も多肉系ハンギング。
IMG_0114
細かな葉だけでも美しいこの多肉、実はカランコエですよ。
カランコエ・ユニフローラの改良品種、フィフィです。

冬咲きなので、ちょうど咲き始めています。
IMG_0115
サーモンピンクの花がベル状に咲きます。
これは満開になったらさぞかし可愛らしいでしょう。


最後はホヤ。
ホヤ・クミンギアナです。
Hoya cumingiana
ホヤも下垂性のイメージがありますが、
こちらは半木立といった感じの種類です。
茎が長く伸びると枝垂れてきます。
IMG_0110
わさわさでボリューミー、
グリーンとしてももちろん素敵ですが、
ホヤの魅力は何といっても個性的な花です。
IMG_01112
こんな花が咲きます。
イラストだとわかりませんが、
蝋細工のようなつやつやした質感の花です。

ホヤは枝が充実して1回咲きだすと、
次からは勝手にどんどん咲いてくれるので
まず最初の花までは気長に育てましょう~
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る