HOMEショップブログ塚本 千代 > カツラの葉の香り

カツラの葉の香り

2018年12月03日

IMGP1641
こんばんは、塚本です。

12月に入り、紅葉がきれいな時期です!
バラ売り場前のモミジもきれいに紅葉し、
お客さんによく撮影されています。
の写真はカツラの木ですが、毎年きれいな黄葉を
楽しませてくれます。

IMGP1629
丸い葉っぱが可愛く樹形がきれいなので
ご自宅の庭に植えている方も多いですね!

でも黄葉はきれいだけど、散った後の掃除が大変…
散らからないように落ちてくるごとにすぐに掃いて捨てる…
という方も多いのでは??

捨てる前にちょっと待ってください!
カツラの葉は実はすごく甘くていい香りがするんですよ!
上の写真は、店の奥の山野草置き場ですが、
わざわざ香りを嗅ぐまでもなく、近くに立つだけで
まるでキャラメルのような甘い香りに周囲が包まれています。

これは実際に、キャラメルと同じ香り成分だかららしいです。


ですが葉が香るのは一時で、
黄葉して木から落ちてしばらくの間だけ香るようです。
まだ木についているときは香りません。
そして落ちてから長い時間がたつと
香り成分も揮発して飛んでしまいます。
まさに今だけのお楽しみなんですね。

1枚嗅いでみても香りますが、
落ち葉が降り積もった状態だと香りが非常に強いです。
散ってすぐせっせと掃いて捨てていると
せっかくカツラがあってもこのよい香りは楽しめないのです。

公園などにもよく植栽されていますので、見かけたらぜひ
香りを楽しんでほしいです!


そして今月はいよいよ12月…
クリスマスに、お正月準備にと、
年末は大忙しですね!
12月にぴったりの花と言えば
やっぱりシクラメンです。

単体で植えるのもいいですが寄せ植えに入れれば
キリリと雰囲気を締めてくれますね。


IMGP1628
もりもりでボリュームたっぷりの株よりも、
ちょっと花つきがまばらで自由に咲いている感じの株のほうが
寄せ植えにはなじみやすいです。
他の花よりも気持ち高植えにすると根腐れしにくいです。


鉢花の室内用シクラメンはもちろん、
屋外でも使えるミニシクラメンも年々いろんな品種が出ています!

IMGP16251
くるんとカールした花弁が可愛い
ミニシクラメン、カール。
今年どこでも人気ですね~
IMGP1626
こちらはコロンと丸いつぼみが個性的なしずく。
クシュっと丸めたような形とツートンカラーが可愛い!
IMGP1627
・・・ですが、開き切ると意外と普通の花(笑)
つぼみがチャームポイントなんですね!



最後に、今週も多肉をご紹介…
ぱっと見、セダムみたいなポーチュラカたちです。
IMGP1598
粒々の極小の葉が地面を這う、
ポーチュラカ・ピンキー。
冬に赤く紅葉し、夏には茎が立ち上がり、
少し緑っぽくなります。
花はポーチュラカらしい濃いピンクです。
IMGP1597
ポーチュラカ、ウェルデルマニー
こちらもとてもポーチュラカとは思えない見た目です
葉の間にふわふわの毛が生える不思議な姿。

寒さに弱いので冬は屋内ですが、
春になったら外に出して育てます。
もっと緑になって
もこもこふわふわーに毛が生えます。

今日もお客さんたちにセダムでしょー?と言われておりました。
早く花を咲かせて自己主張したいことでしょう。

お問い合わせはこちら
関連の記事を見る