HOMEショップブログ塚本 千代 > 冬に活躍カラーリーフ!

冬に活躍カラーリーフ!

2018年11月07日

こんばんは、塚本です。

ビオラなど冬の花苗の入荷も多くなり、
寄せ植えが楽しくなる季節です!

でも、冬の花は種類が限られるのが毎年の悩みどころです…
いくつか寄せ植えを作っても並べてみたら
全部同じような感じ、ということも・・・

そんな時にはカラーリーフの出番!
個性的な葉っぱをたっぷり使えば
たとえ花がビオラばかりでも
全く違う印象の寄せ植えの出来上がりです

冬は成長が遅いので、夏はぐんぐん成長してしまう低木の小苗も
寄せ植えに使えるのもうれしいところ。
今の時期は店頭にまだ葉がついた落葉樹と常緑樹が入り混じって
売られているので、寄せ植えに使うなら
冬になったら落葉してしまうかどうか確認して購入します。
IMGP1513
常緑低木、ロフォミルタス・マジックドラゴン。
華やかな色合いなので、
花のないリーフだけ集めた寄せ植えを作るときにもおすすめ。
IMGP1515
ロニセラ・マカロン。
ロニセラらしからぬ丸い葉っぱも名前もかわいいです。
枝垂れるように伸びる枝で寄せ植えに動きをプラスできます
ロニセラなので小さいハニーサックルのような花が咲きます!
IMGP14982
センリョウ・ダークショコラ

センリョウの和な縁起物イメージを覆す
おしゃれな銅葉品種です!
特に新芽の色は濃くなります。
和風過ぎないお正月の寄せ植えを作るときに重宝しそう。
実はわりと付きにくいらしいのが残念ですが。


IMGP1522
カラーリーフとして使っているとセンリョウとは
気づきません~

手前に植えてあるシルバーのシクラメン、アフロディーテも
おすすめのリーフです!
メタリックで高級感漂います。
シクラメンなのでもちろんピンクの花も咲きますよ。



一方店内でも晩秋の花が咲いてきました
南アフリカ原産の秋咲き小球根たちが
今から順番に開花開始です!
IMGP1475
まず1番乗りはポリキセナ・コリンボーサ!
今はラケナリアに分類されたらしいですが。
地面からちょっとだけ茎をのばして、
ほぼ地面すれすれに咲きます。
IMGP1510
ちょっと開いてきましたね~
IMGP1526
小さな小さな花が開花!

横にひょろっと伸びている細い葉は
まだ開花サイズになっていない小さい球根のもの。
IMGP1527
まだつぼみいっぱい、2分咲きくらい。

冬型の球根なので、夏は葉を枯らし休眠します。
鉢のまま断水して日陰で保存し、
休眠明けの9月に掘り上げて分球・植え替えします。

よく分球するので
できれば毎年植え替えるのがおすすめです。
分けた球根を小さい平鉢に散らして植えると
群生して咲いてかわいいですよ!

ラケナリアは他にもたくさんの種類があって、
晩秋から春咲きなのですが
種類によって開花期がずれているので
色々集めると入れ代わり立ち代わり咲いて楽しめます!

基本丈夫な植物なので
冬の花の少ない時期に楽しめる植物としておすすめですが、
まだまだメジャーな存在ではないので
これから人気が出ていろんな品種の流通も
増えればいいのになあ…と願っております。

オカモトガーデンでも毎年ちまちま
分球して増やしてます。
多肉売り場でひっそり咲いていますよ~
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る