HOMEショップブログ塚本 千代 > 当店に自生する山野草

当店に自生する山野草

2015年07月20日

こんばんは、塚本です。

 

梅雨が明け、学校は夏休み。

楽しくてつらい夏がやってきましたね!

夏らしい話題を・・・と思いましたが、

撮った写真はほとんど湿度高めの木陰の写真だったので、しっとりいこうと思います

 

クレマチスの白万重の2番花が咲き出した・・・はずが

先祖返りでテッセンのような花が咲き始めました

ちょいちょいこういう変異があるようです

これはこれできれいですが、元に戻るのでしょうか・・・汗(女の子)

 

 

夏の山野草も咲き出しております。

茶花にも使われるカリガネ草の斑入り青花は、

花も葉も夏にぴったりの爽やかさです

 

花茎を切り戻せば、初秋まで何度も咲きます

少し独特の香りがします

 

日当たりが良すぎると、斑の部分だけ葉やけすることも・・・

逆に日当たりが悪いと花は咲きにくくなりますが、

葉っぱはきれいに育つのでカラーリーフとしても楽しめます

葉っぱも花も楽しむなら、真夏は西日が当たらないようなところがベストです。

 

耐寒性のある宿根草なので、毎年楽しめますよ音符

カリガネ草はピンク色の斑無しも置いてます

 

 

ダボエシアも四季咲きなのでよく咲いてます!

ツツジ科の耐寒性常緑低木で、山野草として出回っています

ころころとした花がかわいいです音符

 

 

オカモトガーデンはお山の上なので、山野草は販売しているだけでなく自生もしてますよ~

オカモトガーデンの最深部、奥の温室のそのまた裏は、

ひんやりとした日陰とちょろちょろ流れる水のおかげで高湿度。

特に右側のような急角度の斜面は、水辺でありながら水はけがいいのでポイント高いです

ここには白花のホタルブクロが点々と自生しています

 

高いところなので下からのアングル。

暗い中に浮き上がる白が美しいです

 

町中の家できれいに仕立てられた鉢物もいいですが、やっぱり山野草は自然の中で自生している姿を眺めるのが1番だなあ・・・と思います

でもきれいに咲いてるのを見つけても、「とっていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ」

とは山歩きの師匠の言です

自宅で山野草楽しむならお店で購入しましょう花

 

 

しかしときには自ら鉢に生えてくる子も・・・

ハランの鉢に出てきたのは・・・

 

野生ランのネジバナです

螺旋を描いて咲く姿が個性的ですね花

もう本体より雑草の方が貴重な気も・・・

 

野生ランにとってちょうどいい季候の場所らしく、ほったらかしにされていた風蘭も開花音符

表に出して見てもらいたいけど、きっとここにいたいんだろうなあ。とは思います

 

 

それでは今週はこの辺で・・・また来週。

お問い合わせはこちら
関連の記事を見る