HOMEショップブログ宮﨑 克義 > 毎年ながらの腕だめし(^O^)

毎年ながらの腕だめし(^O^)

2018年02月11日

こんにちはヽ(^0^)ノ
IMG_20180201_0911201
宮﨑です。

2月になっても、まだ咲いてるバラがあります。

デルバール
POT「ラ ドルチェヴィータ」四季咲き 強香

濃い目のクリームイエローのカップ咲き

1年を通してとってもよく咲きます。

しかも病気に強い黄色のバラなので

黄色のバラをお探しの方はオススメの品種です(^O^)


さてさて

毎年腕だめしの現場があるんです。

自分の実力がどこまであるのか

この現場ではかってますヽ(・∀・)ノ

だからあえて一人で行きます(笑)

ここのバラは

モンスター級のツルバラがいっぱいのお家

これをどう段取りよく仕立てていくのか

毎年自分でも楽しみなんです。


では行きましょう!


IMG_20180206_082348
ジャーン(^O^)

高さ4m×長さ10mの壁面

これもまだ一部ですが

この壁面に

<下段花壇>
CL「ドルトムント」
CL「ラベンダーラッシー」
R「トレジャートローブ」
C「ファンタンラトゥール」
En「コンスタンススプライ」
R「トレジャートローブ」
C「ファンタンラトゥール」
HMsk「コーネリア」
R「フランソワジュランビル」


<上段花壇>
R「ブルーランブラー」
R「アルベルティーン」
CL「ツル春がすみ」
En「エグランタイン」
HMsk「ポールズヒマラヤンムスク」


があります(笑)

下の花壇と上の花壇を合わせての大壁面

これはある意味「バラの修行」のような場所ヽ(;▽;)ノ

本当にここは休まず全力で頑張っても

ギリギリ1日ってとこでしょうか。

2年前は2日かかってましたが

1年前から1日でできるようになりました。

まあでも、どんなに速度を上げても

今回も1日はかかるでしょう。


てな訳でいろんな方向から

まずは見てみること!

【観察】が大事ですね。





IMG_20180206_083238
上段の花壇から....

そこから

下段の花壇を見下ろし
IMG_20180206_083300
いや~ヽ(;▽;)ノ

正直訳わかりませんね。

枝がからまり過ぎて(泣)


でも

じっくりと

品種ごとの枝の流れを見ながら

どこで剪定できるのか!

どのように仕立てていくのか

イメージを広げながら

そのための

段取り(手順)を考えていきます。

品種が少なければ

そんなに考えなくても良いですが

たくさんの品種がある場合は

どの品種から仕立てていくのか

を考えておかないと

途中でやりなおしをしたりして

時間が倍かかっちゃいます。

全ては

仕立てる「段取り」が

頭になかに描けているかが勝負どころ
ですね!


とは言いつつも

枝が絡まって

訳がわからない時は

無心になって

何も考えず

いち品種づつ

ひたすら剪定


それが一番早道です!
IMG_20180206_132846
剪定していくと

余計な枝がなくなり

スッキリしてきました!


IMG_20180206_165146
ようやく剪定終了です。


さぁ今から段取りよく

仕立てていきます。

まずは枝が長くて全体が大きな品種から

START。

それから徐々に小さい品種へうつり

枝の間隔を十分にとりながら誘引

この枝の間隔を、

芽吹きから花が咲くまでの伸びしろも考えて

しっかりとらないと

必ず病害虫にやられやすくなったり

お互いの枝が喧嘩し合って

育ちが悪くなったり

絶対良いことありません。


みなさんも枝つけすぎてること

ありませんか?

今なら間に合いますよ!

枝の間隔が狭かったら

ひと枝でもふた枝でも抜いてあげて

ください!

抜いた方が、よく育ってよく咲きますから(^O^)

いまいちど見直してみてくださいね!


さぁ僕も

必死のパッチで仕立てましたよ~!

IMG_20180208_155843
かなりスッキリした印象でしょヽ(・∀・)ノ

それでも春は花と葉でギッシリです!


夕日が枝にあたって

何だか輝いて見えますね(^O^)

今年も満足のいく仕立てができました。


今年の腕だめし!

また自分なりに発見がたくさんあって

楽しいひとときでした。



仕立てながらわかったことを

講習会でみなさんにフィードバックしていきますね。


では明日も明後日もまだまだ

いろんな家のバラを仕立ててきま~すヽ(´▽`)/

宮﨑でした。
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る