HOMEショップブログ宮﨑 克義 > 薔薇と牡丹

薔薇と牡丹

2016年04月17日

こんにちは!
DSC_0997
宮﨑ですヽ(´▽`)/

いよいよこんな季節がやってまいりました!

そうバラの季節?!

えっ???????Σ(゚д゚lll)

いやまだ早すぎます!


そうそう

「牡丹」です。

咲き始めは、まるでイングリッシュローズのよう!

ほんと美しい!


DSC_09901
豪華な大輪ですねぇ。

咲き始めは、バラのようですけど

パカッと花びらが開くと
DSC_0993
完全に牡丹!!ですね。

僕は

開き始めの頃が大好きです。

バラみたいでヽ(・∀・)ノ

そんなこと言ったら牡丹ファンに叱られそう(^_^;)

すいません。
バラが大好きなもので。。。


DSC_0999
これくらいが一番綺麗ヽ(・∀・)ノ

お客様のお庭で見とれてしまいました。


さてさて

このお客様の牡丹エリアを通り過ぎると


DSC_1008
以前のブログ(バラの芽かき)にも紹介しましたが

ローズガーデンが登場します。

ちょっと前までは
DSC_0653
まだまだといったところでしたが

あれから急激に成長して

DSC_0964
もう蕾がいっぱいでした(*゚▽゚*)

葉もつやつやと美しく

最高の状態!!

うれしくなりますねヽ(´▽`)/



でも、そんな良い状態だからこそ
1585
ちょっとひと手間かけると

尚仕上がりが良くなってきます。

それは

「中抜きピンチ」


元気な株ほど、これが有効になってきますよヽ(・∀・)ノ



2519
元気な株は、上から下まで葉で覆われています。

これは、全面光合成できて非常に良いんですが

ひとつ落とし穴が。。。


株元をかき分けてみてくださいヽ(・∀・)ノ
3358
外側は、濃い緑の葉でしたけど

内側は、外側の元気な葉によって

太陽を遮られ、光合成できず

黄色い葉や、新芽も成長が途中で止まってしまっている、

いわゆる「出開き枝」が沢山残っていますね。


このまま放置しておくと・・・


蕾が成長し

そろそろ咲く頃に

急に株元や、混み合った枝の付け根あたりが

黄色くなって落葉することがよくありますヽ(;▽;)ノ


それだけなら、まだ良いですが

時に、生育不良の枝や葉が

害虫や病気の温床を受けやすいんです。

咲く頃に、そんなことで

ヤキモキしたくないものです(>_<)
5162
ですので、今のうちに

株元の日陰になっている葉

出開き枝

を根こそぎとって


株元が風通しよくなるように

中抜きしてあげましょうヽ(・∀・)ノ


4224
こんな感じで!

なんだか、風通しよさそうでしょ!

この風が株元を通る

ということも結構大事ですね!


それだけで、少なくとも害虫や病気は減ります。

わかりましたかぁ?


それと、

もしできるならば

枝と枝が重なり合って込み合っている部分も

どちらか抜いて

すかしてあげましょう!


では、(o・・o)/他の株でもやってみましょう!
DSC_09641
この「シャリファ アスマ」を

中抜きして
DSC_09821
だいぶすいたでしょう!


では、もうひと株。
DSC_0984
これを中抜きしたら
DSC_0987
こんな感じヽ(・∀・)ノ

もうわかりましたね。


中抜きしたものの、ほとんどは
638
先端が黒ずんで成長が止まっている

出開き枝ばかりでした。


不必要な枝を減らすことで

そこに使っていた養分が

全部必要な枝にいき渡るので


以前よりも、もっと株が元気でなっていきますヽ(・∀・)ノ

もう良いことづくめです!


めんどくさいですが

このひと手間をかけるだけで

咲く頃には、より美しく成長すること

間違いなし!


みなさんにも是非オススメしたい

ひと手間ですo(^▽^)o


ほんともうすぐバラが咲きます!


あともう少し

がんばりましょ(o^^o)♪


ではでは 今日はこのへんで

宮﨑でした。



気づいたら、こんなにも不必要な枝が・・・・






712
みなさん!くれぐれも

やりすぎにはご注意くださいね(笑)

取り過ぎは逆効果ですから)^o^(


ではまた来週
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る