HOMEショップブログ宮﨑 克義 > バラの芽吹きの頃に気をつけること!

バラの芽吹きの頃に気をつけること!

2016年03月20日

こんばんはー(^∇^*)ノ゚・:*
DSC_04561
宮﨑です。

オカモトガーデンのバラたちも

やっとこさしっかりと芽吹いてきました!

いや~いい景色(≧∇≦)b


そんな中、たくさんのお客様にご来店していただき

本当にありがとうございました!

明日も祝日ですので

是非ご来店くださいね!


さてさて 草花たちも
DSC_0382
この景色を見ると

「春だなぁ~」

と思います。

先日お客様邸での花壇のお花がいい感じで育っていました。


DSC_03831
ユーフォルビアも花が咲いて綺麗かったですねぇ。


では・・・本題へ



DSC_0432
この芽吹きの時期

注意したいのが

枝についているラベルですヽ(・∀・)ノ


こういうラベルや、花の写真のラベルなど

枝についていると

なぜか枯れる。

もしくは生育が劣ってくるんです。

なんででしょうか?!

バラにとっては、何かに覆われるのが

どうもとてもストレスみたいですヽ(;▽;)ノ



それと

この芽吹きの時期は

芽の成長に、とっても邪魔になります。
DSC_0433
ほ~ら わかりますか?

ひとつだけ緑色の芽があるでしょ。

これは、ラベルで完全に日陰になっていたから

このようになってしまいました。

もしラベルがなかったら

もっと勢いよく成長していたと思います。

みなさんもそうならないように
DSC_0434
プラ鉢の場合なら、上の方に穴を開けて
DSC_0435
そこにラベルをつける
DSC_0436
こんな感じでヽ(・∀・)ノ

それから、

もし陶器鉢の場合なら
DSC_0437
支柱をたてて、そこにラベルをつけるのも

良いかと思います。

これならバラの成長を阻害しないから安心ですね。


では、お次ヽ(・∀・)ノ
DSC_0444
芽吹きの時、こんな場合どうします。

芽が混み合いまくってますよね。

でも、よい枝なので

切るのはもったいない。

そんな時ありますよね。

こんな場合は、今の時期ならこうしちゃいます!
DSC_0450
紐でひっぱって、枝を矯正してあげます。

こうすれば、枝や芽の混み合いは

なくなりましたねヽ(・∀・)ノ

(陶器鉢の場合は、支柱などで枝を引っ張りましょう!)


しばらくの間、こうしていれば

枝も固まってきます。


そしてお次
DSC_0451
勢いのある芽が出でますね。

その上は、芽がででいない。

そんな場合は

次第に上から枯れこんできますから

今のうちに

芽の上まで剪定しなおします!
DSC_0453
こんな感じヽ(・∀・)ノ

簡単でしょ!

今のうちに、できることは

やっておくと枝が混みあわず

枯れこまないので


一度やってみてはいかがでしょうか?


ではでは今日はこのへんで

宮﨑でした
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る