HOMEショップブログ藤原 昌誠 > 夏ならでは?

夏ならでは?

2017年07月25日

梅雨が明けてから、非常に暑い日が続いております。

暑さで店の花達も、種類によっては、水枯れが早く、朝にあげても、

夕方になる前には、もうしおれてしまうものも出てくるほどです。

しかし、この季節ならではの花。

サルスベリや、ノウセンカズラは元気に花をつけており、夏を楽しんでいるかのようです。

中でも仕入で入った白い縁取りのかわいいサルスベリの花が目をひいたので撮影しました。

DSC_19461
はっきりした色がほとんどなので、こういう色合いは、なんともいい感じですね。

また、こちらも非常に強く、半雑草化しているところも

あるぐらいの花で、夕方になると咲きだすオシロイバナ。

このぐらいの時期から晩秋近くまでずいぶん長く、花を咲かせてくれる

有難い花ではありますが、残念なのは、

夕方から夜にかけて咲く花で、あまり人目に付きにくいのがおしいところですが、

この苗は、微笑がえし という苗で販売されてますが、

昼間でも咲くそうです!!

しかし、まだ、その名札に偽りなし!ということを確認出来てないのが現状でして、

花が咲いているのに気が付いて撮影したのが、午後5時以降でしたので・・・・。

DSC_19411
明日は、昼間に確認してみます!!


先日も紹介した観葉の切り戻しをした分で、元気に新芽を出してきており、

さらに成長をしている状態ではあるのですが、

その切り戻しの時にでたウンベラータの捨てるところ(?)を、ビンに水をいれてさしていましたが、

最近になって、茎から根っこらしいものがでてきて、咲きの新芽が開いてきました。

見事生きていることが判明!



DSC_19391
大きく育ってくれるのが楽しみではございます。

他にもブログにのせれそうなものがないかとまた店のウラの方を探していましたら、

珍しいものを発見しました。
DSC_19551
羽化後のまだ色づいていないセミです。

なにゼミか分からなかったのですが、色づくまでを待つのはさすがに大変なので、

途中であきらめました。

ネットとかで調べてみたのですが、結局、シロウトでは、特定が難しく、

おそらく、アブラゼミか、ヒグラシかといったところです。

セミの羽化は夜が多いはずですが、夕方に見れたので、少しラッキーな気分でした。

このように、岡本ガーデンは、夏ならではのいろいろな体験ができる面白い花屋です。

ぜひ、暑くてもお越し頂ければ、なにか楽しい発見があるかもしれません!

お問い合わせはこちら
関連の記事を見る