HOMEショップブログ塚本 千代 > 夏到来…

夏到来…

2017年07月04日

IMGP9936
篭口まだまだ開花中~


こんばんは、塚本です。

7月に入ったとたんに夏!という感じの
気温ですね~
暑さに加えて、湿度も高く、
体が慣れるまではしんどい日々が続きそうです…

とはいえ、せっかくの夏ですから、
暑がるだけでなく存分に季節感を
満喫したいものです!
涼やかに青や白メインの植栽もいいし、
逆にトロピカルカラーで元気な
色合わせにするのも魅力です。


IMGP9935
店の前も、ユッカやコルディリネなど大型のカラーリーフプランツで
夏らしい取り合わせになってます
中心のバナナのような葉はエンセテ・マウエリー。
手前の赤と黄のカンナもかっこよいです!
カラフルな原色を使う時は、
引き締め役に銅葉を使うとけばけばしさを抑えてくれます

IMGP9917
そして夏と言えばやっぱり、
水鉢ですよね。
いろんな水草を植えたり、
メダカを入れたり…
睡蓮鉢置きたいけれど、蚊の発生源に
なったら困るし…という方はボウフラを
食べてくれるメダカを入れましょう
もちろん見た目にも涼しげです。
IMGP9938
シャイなメダカたち、人影が近づくと
すぐ隠れてしまうので、
離れたところからズームで撮影です。
四つ葉のクローバーみたいな水草は、
ウォータークローバー、ムチカ。
IMGP9939
水の中に植える前は、こうやって茎がたってるのに、
5~10cmの深さに植えてから数日たつと水面にピタッと
葉っぱがくっついたように浮かびます。
(上の写真は夜なので、葉が閉じてます。)
色々な形の葉や、花の咲く水草など、
アイデア次第で面白い組み合わせの寄せ植えが
できますよ!


そんな感じで夏らしさを演出しつつ、秋に向けての準備もこつこつと。
茶花に使うようなシソ科の草花や、フジバカマ、
秋咲きのサルビアなど、秋に咲く背の高い植物は、
梅雨時の今頃、葉を数段残して切り戻しておくと、
背丈が抑えられて倒れにくくなり、
枝も増えるので花数も増えると一石二鳥です!

IMGP9940
今はちょうどいい背丈で青々と茂っているので、
ちょっともったいないかもしれませんが、
思い切ってバッサリ切ってしまいます。



色々作業している間にも、ちょいちょいオケラを見かけます。
今年は例年よりも、たくさん遭遇するのは偶然でしょうか。
IMG_3966
足に飛びついて来たやつです!
オケラって土に潜るだけでなく飛ぶのですね。
手のひらに乗せると、一生懸命
手のひらを掘ろうとする面白い虫です。


最後に、先週多肉の生産者さんを訪問して
お迎えした多肉たちを…
IMGP9931
エケベリアの青い渚。
IMGP9932
コーデックスの、アデニア・グラウカ。
今からの暑い時期、気温の高い日中に多肉に水をやると
腐りやすいので、夕方涼しくなってからや
曇りの日に水やりします。


それでは今週はこの辺で…また来週。
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る