HOMEショップブログ山下 洋一 > 先人の技術

先人の技術

2017年09月16日

DSC_01202
DSC_0141
こんばんは!
山下です


毎年この時期になると山で見かける花

「葛」

初めて見たときはこれが葛の花だとはつゆ知らず、
綺麗な色の花が雑草みたいに咲いてるなぁと、不思議に思ってました

あの葛餅の葛粉は根から採れるみたいですね

そしてその根のことを「葛根(かっこん)」と呼ぶみたいです

てことは、
かぜのひき始めに飲む「葛根湯」は、これから来てるのかな

やはり根っこというのは、
かなりのパワーを秘めてますね



さて今週は、解体作業に行っておりました

解体話なんか面白くないと思うんですが、
今回の解体はなかなか興味深いものだったので・・・


何を解体したかというと、

DSC_01521
これではないですが、
これと全く同じ形状の壁です

なぜこんなに分厚いのか疑問やったんですけど、
壊してみて理由が分かりました

それと、
昔の人の施工技術にも驚かされました!




DSC_01491
左側グレーのコンクリートブロックは無視してください
元々無かったもので、後から補強で積んだらしいです

注目すべきは石と土混じりの「壁」!







DSC_01501
DSC_0151
つまり、
土をモルタルの代わりとして、石の壁を積み上げてたんです!

その後、外側を白い塗り壁にし、
瓦屋根を置いてたんですね!
瓦を止めるのも土を使ってましたし

「土」と言ってもとても粒子の細かい土で、
水に濡れると、ネチャネチャ粘土っぽくなってました

実際、解体してても、
石と石の隙間にびっちり土が詰められてて、
全体が強固なものとなってましたよ

石の組み方といい、
土の詰め方といい、
相当な技術と労力がかかってるやろなぁと、想像できます

色々と思わされる現場でした

ではまた
山下でした

お問い合わせはこちら
関連の記事を見る