HOMEショップブログ山下 洋一 > 黒い目立ちもの

黒い目立ちもの

2017年08月19日

DSC_00532
こんばんは!
山下です

去年も話しましたが、

「ナラ枯れ病」

ついに、
オカモトガーデンのすぐそこまで被害がきています!

これはもう、くい止めることは出来ないんでしょうか・・・

緑モリモリの山に、茶色い枯れ姿が目立って、
凄く残念な気持ちになります

倒木も心配やし、
ホントあの小さい虫が憎たらしい限りです



では、今週の庭木たち

今回は色でまとめてみました

好きな人は好き、
そうでもない人はそうでもない

の庭木です
銅と言ってますが、黒っぽいのか
ら赤紫まで意外と幅広いです


まず一つ目









DSC_00262
「テマリシモツケ・ディアボロ」 
バラ科テマリシモツケ属

銅葉の木の中でも、メジャーかなと思うんですが、
植栽全体の引き締め役としてよく使ってます

見過ごすことも多いですが、花も楽しませてくれます
y00721
5月頃、ピンクの蕾と共に咲いてきますよ
これを楽しむためには、
夏以降剪定してはいけないので注意してくださいね


お次は、



DSC_00221
「アメリカハナズオウ・ルビーフォールズ」
マメ科ハナズオウ属


この木で注目して頂きたいのが、この色
8月でこの色を保ってるんです!

つまり、

同じハナズオウでもこちらのは、


DSC_00212
「フォレストパンシー」

新芽から6月頃までは見事な赤紫でしたが、
今は緑に戻っております
「スモークツリー・グレース」も同じ現象になりますね

それが悪いとは全然思わないんですが、
逆に、あの赤黒さをキープしてるのが凄いなって

シンボルツリーにできるくらい大きく育つので、
メインで植えたらさぞ目立つでしょうね!


もひとついきましょうか



DSC_00241
「西洋ニワトコ・ブラックレース」 スイカズラ科

かなり通好みの樹形ではないでしょうか
ホント葉が黒い!




DSC_00252
よくよく調べてみると、
この木ってハーブの一種なんですよ



0000-0533a1
「エルダー」という名で知られてますが、
かなり利用価値の多い植物みたいです


果実は食用になり、
花はジュースにしたり、
葉は湿布代わりに使ったり、
根にも効能があるとか


何はともあれ、
見た目だけでも十分、
お庭を引き立たせてくれる存在感がありますよ!
剪定で小さく納めることもできるし
e0255117_181551001
花と葉のコントラストが凄く洒落てますねぇ
植えたくなってきました!(笑)


も少しあるんですが、
つづきは次回ということに


ではまた
山下でした
お問い合わせはこちら
関連の記事を見る